MMM(みはらミュージックマーケット♪2012)

三原に住んで四半世紀が過ぎているのだが、まだまだ知らないことがいっぱいある。
数年前にアゼリアガイド講習を受け、三原の歴史を辿る散歩を体験し、「わが町・三原」の再発見をした。
三原は、古墳時代の遺跡も数多く残され、平安時代には久井の牛市があり、(今も祭りとして残っている)室町時代からの歴史がある仏通寺、戦国時代に活躍した小早川家に所縁のある寺や墓も点在している。
あの時、「三原っておもしろい!」って思ったっけ。

秋晴れの10月14日(日曜日)。
三原で自慢できるもののベスト5に入る(?)芸術文化センターポポロで、ミュージックイベントが開催された。
〜音楽の宝さがし〜とサブタイトルがつけられた、「みはらミュージックマーケット」略してMMM。
大ホールで行われるライブ目当てに、500円の入場券を握りしめてポポロに着くと、そこは大勢の人でごった返していた。
家族ずれ、カップル、学生、老若男女入り乱れてなんやら活気に溢れている。
ライブ開始の12時が少し過ぎていたので、フリマやフードコーナーは後でゆっくり見ようと、とりあえずホールのドアを開ける。
観客はまだ少ないけど、1thステージの高校生バンドが賑やかに演奏している。
1th CoreStar  フランフールやアジカンの曲にアレンジを加え、自分たちなりの表現をしている。若い! ヴォーカルの音程がちょっと気になるけど、このくらいは若さでOKなんだな。
2th  Attic プロフには孫持ちのじじぃって書いてあるけど、アコースティックデュオは全てオリジナル。「枯れた男のバラッド」いいじゃん!いいじゃん!
3th? ARE YOU READY? 斉藤和義のコピーバンド。3曲目に「幸福な朝食・退屈な夕食」を完璧に歌いこなす。これ、少し好物。
4th? ぴーちゃんバンド キーボードを含む4ピースバンド。クラプトンやサンタナを思わせるオトナサウンド。20年前から三原を中心にライブ活動をしている。そーだったんだねっ。
5th? DAISA  きれいな声で全曲オリジナル。三原愛の歌あり、掛け合いソングあり、MCも上手いし、三原ではお金が取れないので、他県でもライブをしているというツワモノ。
6th? LIPPS? 庄原の高校生バンドは全曲オリジナル。誰かに似ているようで誰にも似ていない、これぞオリジナル! 高い楽器やアンプが使えればもっといい音が出たに違いない。前2列の応援も、文化祭みたいで良かったなぁ。
7th? The Dirty Dolls こちらは結成30年のプロロッカー! ボーカルはちゃんとヴィジュアル系の化粧に衣装もキラキラ。たぶん同年代? だよね? いつまでもロックンロールっていいと思う。すごくいいと思う。(終了後ロビーで普通のTシャツ姿見たら、普通のオジサンだったオマケもあったけど、この日一番イケてたバンド♪)
8th Sato 娘に抱かれた孫が最前列で応援。イルカ風のSatoさん。オリジナル曲は全てホンワカ雰囲気でいい感じ。それより何より両側に従えていた男性2人のギターが上手すぎ! とってもとっても目立っていました。
9th? 伊太地山伝兵衛 ふざけた名前にまず笑い。プロフのメジャーデビュー1985年、鳴かず飛ばずにまず笑い。小室等を思わせる風貌に笑い。オオトリにふさわしい懐かしさの漂うR&Bフォークロック(意味不)ちゃんと鳴いてたよっ!

結局12時〜17時まで、このホールにくぎ付け。
私のロック魂(大袈裟)に火がついたかのように、ノリノリで楽しめた。
知り合いが出ているわけでもないのに、最初から最後までずっと熱心に見入っていたのはそうおるまい。
お陰さまで他のお店は一切見ることも出来ずに、来年は早めに来て、お店を見て、それからホールに参戦だ! と、もうはや気合十分になった。
主催の「はるのんカフェ」は、三原のライブハウス♪(知らなかった・・・)

音楽の宝さがしは、私にとっては、三原の宝さがしにもなったとさ。