本屋大賞決まる!
 

2004年に書店員の投票による「本屋大賞」創設されて今回が5回目になる。
設立のコンセプトは「売り場からベストセラーをつくる!」ということで、「現場を知り尽くしたプロの目(書店員)が自ら選んだ一番売りたい本」に贈られるわけだが、いかんせんもう、賞がノミートされる頃はすでにベストセラーになっている本が多い。

第一回目の本屋大賞は、いまだに学校の推薦図書になっている小川洋子のベストセラー「博士の愛した数式」。
以下第2回「夜のピクニック」恩田陸、第3回「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」リリー・フランキー、第4回「一瞬の風になれ」佐藤多佳子と、第2回の「夜のピクニック」以外は発表される前にすでに堂々たるベストセラーになっていた。(ちなみに私もすでに発表前に全部読んでいた)
今や、発表後にベストテンをそろえて店頭に並べる書店も多い。

2008年本屋大賞に輝いたのは「ゴールデンスランバー」伊坂幸太郎。
発表前に読んでいたので、何となく鼻が高い。
伊坂幸太郎は、賞にはあまり縁がなく、本屋大賞も第1回目からノミネートはされるものの、ずっと逃していた。
本屋大賞だけではなく直木賞も5回も候補になりながらことごとく逃している。
ここまで外せば、きっと本人もあまり意識はしていないと思うが、「ゴールデンスランバー」は彼の特徴的なエンターティナー小説だし、好きな作品でもあったので、人ごとながら(特に熱烈ファンでもなく、個人的には吉田修一「悪人」を予想)嬉しかった。

熱烈ファンではないのに、なぜか伊坂作品はほとんど読んでいる。
なんとなく気になる、読んで外すことのない、私の中では安心できる作家なのでついつい買ってしまうのだ。

伊坂はユニークな経歴の持ち主で千葉県出身、東北大学に進学しそのまま気に入って仙台に住みついた。
そこで結婚し、システムエンジニアとして働きながら文学賞に応募して2000年に「オーデュポンの祈り」でデビューする。
斉藤和義の「幸福な朝食 退屈な夕食」を聴いて、作家に専念する決意をし、会社を辞めた。
その斉藤和義との対談集「絆のはなし」もかなり面白い。
本の中で斉藤が「伊坂さんの小説は、活字なのに音がする」と言っているが、私もずっとそう感じていた。
特に伊坂自身が好きなロックだ。
「アヒルと鴨のコインロッカー」では、まんま神様「ボブディラン」が登場して全編「風に吹かれて」がBGMとしてずっと流れていたし、「ゴールデンスランバー」もビートルズの名曲だ。
でも、スタイルは決してポップな感じはしない。
新しいというより、伊坂はあくまでも伊坂らしい。
そういう個性はとっても大事だと思うし、たぶん彼は最初からそういう個性を大事にしている数少ない作家だと思う。
しかも自己表現だけでなく、限りなくエンターティナーとしての面白さを追求し、読者に驚きや、楽しさや、切なさを届けてくれる。
彼の作品としての特徴のひとつに登場人物のリンクがある。
「無重力ピエロ」というファンサイトに伊坂ワールド作品間リンクが表になっていて詳しく説明されていて、伊坂作品を楽しむ上でかなり役に立つ。
物語の前半には必ず伏線があり、映像化されることが多い理由のひとつだと思う。

斉藤和義とのコラボCD「ベリーベリーストロング〜アイネクライネ〜」はもはや幻のプレミア名盤になってしまって入手困難だ。
その合作の歌詞の中に繰り返される

ベリーベリーストロング 強い絆の話だよ
ベリーベリーストロング ああ つながってる誰かと
ベリーベリーストロング いつ どこで 会う?

伊坂の生み出す彼らは強く優しく、誰かとつながっている。
伊坂自身がそう自分で自覚しつつ、その繋がりを大事にしたい作家なのだろう。